工業会の取り組み

HOME» 工業会の取り組み »会長のご挨拶・創立50周年を迎えて

工業会の取り組み

会長のご挨拶・創立50周年を迎えて

会長のご挨拶

 当工業会は1967年(昭和42年)6月、「日本フレキシブルコンテナ工業会」として発足し、2017年(平成29年)6月を以って創立50周年を無事に迎えることができました。これも偏に、材料メーカー・メンテナンス業者並びに需要家皆様の絶大なるご支援ご協力の賜物であります。当工業会の半世紀を顧みると、産業界の時代変遷は物流システムが変わり、市場は縮小や消滅の波に晒されてきました。現在の動向は、企業の海外への生産拠点の移転が多くなると同時に、輸入樹脂の動きも加わり、石油化学業界は国内物流の新たな取組みへの時代に突入しています。

 工業会は、フレキシブルコンテナを扱う国内唯一の団体です。国内の物流市場は運賃を筆頭に物流システムの見直しが予測されます。また、海外品の一部低品質品との差別化に重点を置き、「安心・安全」をモットーとした製品供給をすることも大きな課題の一つです。

 工業会の技術委員会は製品の耐候性や安全率などJIS規格について熱心に取り組んできました。今後は、ISO規格、IEC規格などの国際基準との整合性や統一化などにより一層尽力を期してまいります。この度、静電気災害防止コンテナも規定を制定するなど、多様化した用途に対して速やかに対応しています。6年前に発生しました東日本大震災には、JIS規格に準じた除染用コンテナを市場に供給しました。海外品と当工業会の製品比較は、時間の経過とともに、工業会会員の製品の良さが再認識されています。

 最後になりましたが、半世紀に亘って工業会会員のコンテナ製品をご愛顧していただき、ありがとうございます。どうか、末永いご支援とご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

日本フレキシブルコンテナ工業会
会長 時田周明